各種検査

遅延型フードアレルギー検査

遅延型フードアレルギー検査隠れた食物アレルギーを知るための検査です。
96種類の食物に対するアレルギー検査によって、潜在的なアレルギーを見つけて、症状を改善することができます。

フード(食物)アレルギーの種類について

フード(食物)アレルギーとは、特定の食物を摂ることによって、身体がかゆみや喘息などの過剰な反応を起こしてしまうことです。
アレルギーには、2種類があります。

即時型アレルギー
特徴 すぐに症状が現れます。花粉やハウスダスト、食物では卵・乳製品・小麦粉が主な原因です。
症状の現れ方 くしゃみ・かゆみ・湿疹・呼吸困難など。
遅延型アレルギー
特徴 すぐに症状が出ません。体内のあらゆる部位や器官で発症するため、症状と特定が難しいアレルギーです。
症状の現れ方 食後6~24時間後に体内でじわじわと炎症が進み、気づかずに同じ食物を食べ続けることで慢性的な炎症となり、さまざまな症状となって現れます。
ダメージを受け続けることで細胞の老化にもつながります。

遅延型フードアレルギー検査の重要性

これまで知らなかったアレルギーを見つけ、食生活を見直すことにより、症状を改善することができます。
現在自覚症状がなくても、将来起こりうるアレルギーや病気の原因を知ることができます。

消化器官 過敏性腸症候群、ガスがたまる、便秘、下痢、吐き気など
神経 不安神経症、情動不安定、憂鬱、集中力不足など
筋骨格系 関節炎、関節痛、筋肉痛、だるさ
泌尿生殖器系 夜尿症、頻尿、膣のかゆみ、月経前症候群
呼吸器系 喘息、鼻水、鼻づまり、慢性副鼻腔炎、慢性咳など
循環系 不整脈、胸痛、高血圧、頻脈
外皮系 ニキビ、アトピー、ふけ、湿疹、目の下のくま、多汗など
その他 慢性疲労、偏頭痛、むくみ、口内炎、ドライアイなど

検査項目

192種類の食物に対する遅延型(潜在型)アレルギーを検査します。
検査は血液を少量採るだけの簡単なものです。
採取した血液は、米国の専門機関に送り、192項目の遅延型フードアレルギー分析を行います。

乳製品 β-ラクトグロブリン、カゼイン、チーズチェダー、牛乳、ヤギの乳、モッツァレラチーズ、羊乳のヨーグルト、乳清(ホエイ)、ヨーグルト
果物 アサイベリー、リンゴ、アプリコット、バナナ、ブルーベリー、メロン、チェリー、ココナッツ、クランベリー、デーツ、イチジク、ブドウ、グレープフルーツ、グアバ、ジャックフルーツ、キウイ、レモン、ライチ、マンゴー、オレンジ、パパイヤ、パッションフルーツ、桃、梨、パイナップル、プラム、ザクロ、ラズベリー、イチゴ、スイカ
穀物 アマランス、大麦、そば、コーン、グリアディン、麦芽、ミレー、オーツ麦、キノア、米、ライ麦、ソルガム、テフ、小麦グルテン、全粒小麦
魚/シーフード アワビ、アンチョビ、バス、カツオ、タラ、カニ、オヒョウ、アジ、ロブスター、サバ、タコ、カキ、さんま、スズキ、タイ、サーモン、イワシ、ホタテ貝、エビ、アサリ、イカ、ティラピア、マス、マグロ
肉/鶏 牛肉、鶏肉、アヒル、卵白、卵黄、ガチョウ、子羊、豚肉、七面鳥(ターキー)
ナッツ類と種 アーモンド、ブラジルナッツ、カシュー、栗(くり)、チアシード、亜麻仁(アマニ)、ヘーゼルナッツ、麻(ヘンプ)の実、マカデミアナッツ、落花生(ピーナッツ)、ペカン、松の実、ピスタチオ、カボチャの種、ゴマ、ヒマワリの種、くるみ
野菜 アーティチョーク、アスパラガス、アボカド、たけのこ、もやし、ビート、ピーマン/パプリカ、ゴーヤ、ブロッコリー、芽キャベツ、ゴボウ、キャベツ、にんじん、カリフラワー、セロリ、唐辛子、きゅうり、ナス、えのき茸、ニンニク、ケール、リーキ(西洋ネギ)、レタス、レンコン、白菜、グリーンオリーブ、玉ねぎ、ポルタベッラ(キノコ類)、じゃがいも、かぼちゃ、だいこん(ラディッシュ)、海藻昆布、海苔(のり)、わかめ、しいたけ、ホウレンソウ、スイートポテト(サツマイモ)、トマト、ヤムイモ、イエロースカッシュ、ユッカ、ズッキーニ
ハーブやスパイス バジル、ベイリーフ、黒コショウ、カイエンペッパー、コリアンダー、シナモン、クローブ、クミン、カレーパウダー、ディル、ショウガ、ホップ、ミント、味噌(みそ)、マスタードシード、オレガノ、甘唐辛子、ローズマリー、セージ、タラゴン、タイム、ターメリック、バニラビーン
その他 ブロメライン、砂糖、ココア豆、コーヒー、緑茶、はちみつ、肉糊(トランスグルタミナーゼ)、ウーロン茶

料金

遅延型フードアレルギー検査(米国検査機関) 38,500円(税込)

有害重金属検査

有害重金属検査体内に溜まっている有害重金属を調べ、ミネラルのバランスを分析する検査です。

有害重金属とは

有害重金属は体内で活性酸素を発生させます。
通常は尿や汗といっしょに体外へ出ますが、体内に蓄積されると様々な症状を引き起こします。

有害重金属検査の重要性

有害重金属は、慢性疲労、不眠症、自閉症の原因の一つともいわれています。
これらは、神経障害や精神異常などに似ているため、専門的な検査をしなくては原因を特定しにくい症状です。

有害重金属の異常によって起こる健康障害

水銀(Hg) 手足の震え、しびれ、集中力低下、不眠、視力低下、情緒不安定、頭痛、言語障害 アマルガム(歯科治療用金属)、汚染された魚介類、電池、農薬、防カビ剤、柔軟剤
鉛(Pb) 貧血、不安感、めまい、イライラ感、免疫低下、骨や筋肉の痛み、頭痛、発がん 有鉛ガソリン、殺虫剤、塗料、はんだ、油絵具、古い水道管、アクセサリー、蓄電池、ヘアカラー
砒素(As) 疲労、手足のしびれ、神経症状、胃腸障害、色素沈着 殺虫剤、除草剤、海藻、ひじき、わかめ、野菜、果物
カドミウム(Cd) 脱毛、貧血、腎機能障害、骨折、疲労、血圧上昇、神経過敏 タバコ、排気ガス、メッキ工場、電池、米類、玄米
ニッケル(N) 無気力、発がん、疲労、下痢、不眠、皮膚炎 タバコ、マーガリン、Nlcd電池、メッキされた金属アクセサリー

・原因となる有害重金属がわかれば、的確な食事や生活習慣の改善を目指せます

検査方法

当院では、オリゴスキャンによる有害重金属検査ができます。

オリゴスキャン

オリゴスキャンOligo Scan(オリゴスキャン)は、手のひらの4か所に光を当てるだけで、わずか3分程で体内の必須・参考ミネラル20元素と有害金属14元素が測定できる機器です。

短時間測定でわかる

短時間測定でわかる短時間で有害重金属14元素と、必須ミネラル・参考ミネラルの20元素がわかります。
手のひらを4カ所スキャンするだけで、3分後には測定結果ができあがります。
ミネラルバランスと各疾患へのリスクが詳しくわかります。
髪を切ったり、採血したりすることは不要です。

いま現在の身体の状況がわかる

いま現在の身体の状況がわかるインターネット経由によって欧州で解析され、わずか数分後にはいま現在の状況がわかり、検査当日にレポートを持ち帰ることができます。

検査可能な必須ミネラル、重金属

有害重金属14元素
Al アルミニウム Cd カドミウム
Sb アンチモン Hg 水銀
Ag 銀 Ni ニッケル
As ヒ素 Pt 白銀
Ba バリウム Pb 鉛
Be ベリリウム Tl タリウム
Bi ビスマス Th トリウム
必須&参考ミネラル20元素
Ca カルシウム Cr クロム
Mg マグネシウム V  バナジウム
P  リン B  ホウ素
Si ケイ素 Co コバルト
Na ナトリウム Mo モリブデン
K  カリウム I  ヨウ素
Cu 銅 Li リチウム
Zn 亜鉛 Ge ゲルマニウム
Fe 鉄 Se セレン
Mn マンガン S  硫黄
主なミネラルの働き
酸素の運搬、コラーゲン合成、エネルギー産生など
亜鉛 細胞分裂、免疫機能、性ホルモン合成、精子形成、食欲調節など
クロム 糖代謝(インスリン合成)など
ヨウ素 甲状腺ホルモンの材料など
カルシウム 骨や歯の形成、神経の動き、筋肉の収縮など
マグネシウム 骨の合成、エネルギー代謝、タンパク質合成、筋肉の弛緩、自律神経など
セレン 抗酸化作用など
赤血球の合成、ホルモンの分泌など

料金

オリゴスキャン 12,100円(税込)

*詳しくは、当院にてお訊ねください。

一番上に戻る
TEL:0949-29-6788TEL:0949-29-6788